NYK 日本容器工業グループ 株式会社エヌ・ワイ・ケイ

鋼板製一体型タンクの製造工程

設計から製缶・エポキシ樹脂ライニング材製造・ライニング施工まで、一貫した生産システムです。
製造工程を動画でご覧いただけます。

 

製缶工程

1.切断(シャーリング)・溶接
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
鋼板を直角にするため切断を行います。切断した鋼板は天・側・底板の寸法にユニオン溶接します。

 

2.プレス
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
ユニオン溶接で繋いだ鋼板にオリジナルの溝型を、天板・側板にそれぞれプレスします。

 


3.ノズル類取付
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
組立前の溶接作業性の良い状態でノズル類を取り付けます。

 

4.組立
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
定盤上にベースプレートを置き、底板をのせ、側板をたて、天板をのせると組立が完了します。

 


5.溶接
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
自動・半自動・手溶接を使い分け、タンク内・外面から溶接を行います。

 

6.仕上げ
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
ライニングのために溶接ビードが滑らかな肉盛りとなるよう、グラインダーで仕上げます。

 


7.缶体検査
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
製缶工程の総まとめとして、寸法・外観検査を行います。

 

8.水張検査
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
ライニング工程に移る前に、タンクに水を入れ漏水箇所が無いか検査します。

 


ライニング工程

9.ライニング材調合・製造
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
NYK独自の技術で開発したエポキシ樹脂ライニング材を工場内で調合・製造します。

 

10.ブラスト
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
ライニング前の素地調整としてグリットを0.7MPa程度の圧縮空気で投射し、ブラストを行います。

 


11.ホットエアレススプレー
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
溶剤を使わずにエポキシ樹脂を加温して、15〜20MPa程度の高圧でスプレーします。

 

12.焼成
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
ライニング材の性能を発現させるために焼成を行います。焼成はNE−204の場合、120℃で4時間です。

 


13.ピンホール検査
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
タンク内面のライニング被膜にピンホールや割れが無いか検査を行います。皮膜は絶縁体ですので、高電圧をかけスパークするかどうか確認します。

 

14.膜厚検査
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
電磁式の膜厚計で測定します。標準膜厚は内面0.4mm以上、外面0.2mm以上です。

 


15.外面塗装
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
外面をウレタン系塗料で仕上げ塗装します。

 

16.部品取付・最終検査
NYK,受水槽,貯水槽,メーカー,鋼板製一体形タンク,食品タンク,エポキシ樹脂ライニング,防食施工
マンホール・通気カバー・電極座カバー・内梯子などの部品を取り付けた後、出荷前の最終検査を行います。

 


鋼板製一体型水槽 トップページに戻る


TOP 鋼板製一体型水槽 食品用タンク ライニング 会社案内 お問い合わせ